言葉にならない声

ひとりごと
01 /16 2011
人それぞれ 感想は違うと思うが
漫画 喧嘩商売は 
格闘技マンガなのか エ□まんがなんだろうか

格闘技マンガとして読むと うん? ってなるし
下ネタまんがとしても うん? ってなる

シモに関して言えば そこまで落とし込まなくても
いいんじゃねぇって 思うときがあるが
なんともいえぬ くどさが 妙に癖になる

アダルトの方向にいてしまったが
ふと そうなことを考えてしまった

相場を表現する時に
良いとか悪い相場とか言うけど
これってどこを基準にしてるんだろうね

まぁ こんなこと ネタにしたら
愚痴や言い訳 満載カーニバルになりそう

まぁ 人のナントカは蜜の味という
言葉があるように それはそれで 
美味しいかもしれませんが… 話題を変えて

ファンダメンタルズ テクニカル 
サイクル パターン 
要人やその他メディアの情報…etc って

将来を予知できるかのように 
表現されることがあるが
ぶっちゃけ イイダクダクで
思い描いていた 未来になったら
勝者と敗者に わかれたりしねぇちゅーの

ある意味 指標とかって お水の営業みたいだよなぁ
お店の子は 色が混ざってることがあるので
適当にあしらって 遊んで
お店に行く前に会ったり 店には行かず
閉店してから一緒に ご飯を頂いたりしたこともあったな
いわゆる 同伴とかアフターとか言うんでしょうかね

今は 遊んでる場合じゃないし
下克上なこと 目論んでたほうが楽しいので
休学しているみたいになってるけど…

あっ! そう言えば 携帯電話の基板が壊れて
中のデーターが 全部ぶっ飛んじゃったんだよなぁ

お水の子のアドレスとかは どうでもいいが
友達とかのデーターまで無くなったのは かなり痛い

ダチは調べればわかるけど 
この際 誰とも連絡とるのやめとこっと

お水のこと ダベったら お水だけに
相場ことが流れてしまったので戻します

距離が遠すぎる相場の達人の 敷かれたレールに乗っかれば 
油断や隙を生み CUTすることに躊躇するだろうし
案ずるより 知恵を盗んだほうが簡単だけど

国家レベルから個人レベルの思惑まで
不可思議に 市場に蠢く 
さまざまな民族の スタンピード現象は

哲学 理論 知識 知性
知覚 思想 思考 意識
感情 認識 行為 経験から

多様な価値観で混在し
多岐にわたる角度から相場を見ている

見た目の切り替え方 受け取り方が
少し違うだけで 別物に写り変わるフィールドで
制約の枠に囚われた
曖昧な矮小の思い込みで 都合よく物事を解釈し
自分の尺度 捉え方
目に見えるもの 調べればわかることに
固執し執着していれば 狭量な考えで形作られた
キャパシティーの小さい籠の鳥なのかもしれない

相場をチョッと かじった餓鬼が
しったかぶりに ペラペラ 訳のわからんことを
ぶっこいても 信憑性ないですし
カスのホザキを 真に受ける方は 
いらっしゃらないと思いますが
時に言葉は 災いを誘うなぁ と思う今日この頃

コメント

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます