平凡な生活

ひとりごと
03 /16 2017
「ねぇ、家に帰ろうよ」

記憶にも残っていないほど糞ガキだったころ

散歩の途中で建築や工事現場があると

ずぅーと眺めていたと母から聞いたことがあった

昔から協調性がなかったみたい(笑)


そしてその視線はマーケットに移り変わり

暇さえあれば相場のことを考えるのが生活の一部となり

それを全部にするのは独占欲なのだろうか

はたまた自由への執着なのだろうか


相場分析やチャートを見るのは興味深くて好きだけど

三度の飯よりトレードが好きかというと別腹な感じなので

チャートを見たら絶対トレードすることはなく

なんというか音楽の曲のリズムを感じているが

歌詞まで集中して聴いていない感じに似ている


トレードで生計をたてるとすれば

そんな悠長なこと言ってられないだろうし

収益で生活費を稼いでそれだけだと頼りないので

準備金も貯めときたいから一喜一憂すら無駄かもね


毎年恒例というくらい正月から生活リズムが

ダラダラ崩れていたがやっと元に戻ったし

良い家や車が欲しいとか

高価な装飾品が欲しいとかの物欲はない

ただ

相場分析して腹が減って冷蔵庫に何にもなかったら

スーパーで買い物して好きなご飯を作って食べて

糞して風呂に入ってグッスリ眠りたいだけのために動く


トレーダーは腕がモノを言う世界だと思うので

また何か言いたくなるまで口を閉じるわ

コメント

非公開コメント